挙式中に結婚指輪を運んでもらう演出!誰に頼めばいいの?

結婚指輪

結婚式で結婚指輪をを運んでもらう演出は、アットホームな雰囲気になるので大人気です。

今回は、挙式中に結婚指輪を運んでもらう演出について、詳しくお話していきましょう。

 

結婚式で結婚指輪を運んでもらう演出とは?

結婚式で結婚指輪を運んでもらう演出は、さまざまな呼ばれ方をしています。

というもの、結婚指輪を運ぶ人が誰かによって、呼び方が変わるのです。

  • 男の子に運んでもらう場合は「リングボーイ」
  • 女の子に運んでもらう場合は「リングガール」

と言われています。

リングボーイやリングガールに選ばれた子供は、挙式中に新郎新婦のもとへと指輪を運びます。

見ていて、微笑ましい光景ですよね。

 

リングボーイ/リングガールのメリット

場がなごやかな雰囲気になる

子供が一生懸命リングを運ぶ光景は、微笑ましいもの。

場が、とてもなごやかな雰囲気になりますよ。

 

子供にとって思い出になる

リングボーイやリングガールを任された子供にとっても、良い思い出となります。

演出をお願いした場合は、ちょっとしたその子供にプレゼントを用意しておきましょう。

 

リングボーイ/リングガールのデメリット

小さな子の場合演出が上手くいかないことも

1~2歳くらいの子供のご機嫌は、不安定なもの。

慣れない挙式で、緊張して泣いてしまうこともあるかもしれません。

小さい子供に依頼する場合は、「泣いても仕方ない…」という感覚でお願いしましょう。

不安な場合には、3歳以上の子供にお願いすると良いですね。

 

リング運びは誰に頼むのがいい?

自分の子供

授かり婚の場合は、自分の子供にお願いするのが一番。

子供が挙式に参加することで、家族としての一体感を得られるでしょう。

 

姪っ子や甥っ子など親しい子供

姪っ子や甥っ子など、親しい子供にお願いすることもひとつの手。

事前に、子供の両親に相談しておきましょう。

 

ペット

近年では、ペットがリングを運ぶ演出も人気。

おふたりが飼っているわんちゃんにリングを運んでもらうのはいかがでしょうか?

リングドッグの演出ができる式場は限られていますが、とても素敵な演出となるでしょう。

 

リングリレーをする

挙式に出席しているゲスト全員でリングリレーをするのもオススメ。

リボンに指輪を通し、後ろから前へと指輪を運びます。

ゲスト参加型なので盛り上がりそうですよね。

 

まとめ

以上、挙式中に結婚指輪を運んでもらう演出について、お話をしてきました。

運んでもらう人によって、印象や会場の雰囲気もガラっと変わるでしょう。

魅力的な演出のひとつなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?