結婚式でのキャンドルサービスと一緒に行いたい演出とは?

キャンドルサービス

結婚式での定番の演出であるキャンドルサービス。

会場内が、一気にロマンチックな雰囲気になりますよね。

今回は、結婚式のキャンドルサービスについて、詳しくチェックしていきましょう。

 

結婚式のキャンドルサービスとは?

結婚式のキャンドルサービスとは、新郎新婦がゲストのテーブルをまわり、火をつけていく演出。

キャンドルサービスには、結婚式に出席してくれたゲストの幸せを願う意味があります。

結婚式の後半に、演出として取り入れる方が多いですよ。

 

結婚式のキャンドルサービスのメリット

結婚式らしいロマンチックな雰囲気になる

キャンドルサービスが行われている最中は、会場の照明は落とされます。

暗いなかでキャンドルの灯りがゆらゆら揺らめく光景は、まさにロマンチック。

幻想的なひとときを過ごすことができるでしょう。

 

ゲストの近くに行くことができる

キャンドルサービスでは、新郎新婦がおふたり揃ってゲストのテーブルをまわります。

結婚式当日の新郎新婦は、なかなか忙しくてすべてのゲストと会話することが難しいです。

しかし、キャンドルサービスを行うことで、ゲスト一人一人と目を合わせて会話を交わすことができますよ。

 

結婚式のキャンドルサービスのデメリット

テーブルが多いと時間がかかる

キャンドルサービスは、テーブル数が増えれば増えるほど時間がかかります。

新郎新婦がいないテーブルは待っているだけなので、ゲストが「暇だ…」と感じてしまうことも。

時間配分には、十分に気をつけましょう。

 

キャンドルサービスと一緒に行いたい演出

ラウンドフォトをする

キャンドルサービスをしたあとに、テーブルごとに撮影をしてもらうラウンドフォト。

ゲスト全員と写真を撮ることができますよ。

思い出に残りそうですよね。

ただ、ラウンドフォトを行う場合には、一つのテーブルでの滞在時間がさらに長くなってしまいます。

時間配分には、くれぐれも注意です!

 

ビールサーブをする

キャンドルサービスと同時に、もしくはキャンドルサービスの代わりにビールをサーブするのもアリ!

新郎がビールの売り子さんのようなサーバーを背負って、ゲストのテーブルをまわります。

ロマンチックな雰囲気ではありませんが、アットホームかつ盛り上がる演出となりますよ。

 

まとめ

以上、結婚式のキャンドルサービスについて、チェックしてきました。

キャンドル自体そこまでお金がかかるものではないので、演出にかける費用を節約したい場合にもぴったりです。

ぜひおふたりの結婚式に、キャンドルサービスの演出を取り入れてみてはいかがでしょうか?