ブライズメイドで結婚式を華やかに!何か気をつけることは?

ブライズメイド

結婚式で、仲の良い友人がおそろいの衣装を身にまとうブライズメイド。

会場が、一気に華やかな雰囲気になりますよね。

今回は、結婚式でのブライズメイドについて、詳しくお話していくことにします。

 

結婚式でのブライズメイドとは?

もともとは、海外発祥のブライズメイド。

近年では、日本の結婚式でもブライズメイドを多く見かけるようになりました。

ブライズメイドとは、おふたりの結婚式のお手伝いをする女性。

お揃いのドレスを着て、

  • ブーケを持っていてもたったり
  • ドレスの裾を持ってもらったり
  • ……

など、主に新婦のサポートをします。

と言っても、日本ではアテンドさんがほとんどサポートをしてくれるので、ブライズメイドが大変な仕事をすることはありません。

会場を華やかにしてくれる存在と考えればよいでしょう。

 

結婚式でのブライズメイドのメリット

仲の良い友人との思い出ができる

ブライズメイドは、仲の良い友人の数人に依頼することが多いです。

仲の良い友達と、結婚式の特別な思い出をつくることができるでしょう。

 

会場が華やかな雰囲気になる

ブライズメイドは、色を統一してドレスを着ます。

イエローやピンクなどの色鮮やかなドレスを身にまとえば、一気に会場が華やかな雰囲気になりますよ。

 

結婚式でのブライズメイドのデメリット

ブライズメイドを頼まれた人は準備が必要

ブライズメイドを頼まれた人は、事前に準備が必要です。

ドレスを用意したりと、なにかと大変。

無理に頼むことは絶対にやめましょう。

 

結婚式でブライズメイドの演出をする際に気をつけたいこと

費用の負担について決めておく

ブライズメイドは、ドレスを用意することになります。

そのドレスの費用はどちらが持つのか、事前に考えておきましょう。

もしブライズメイド本人に負担してもらう場合には、謝礼を用意したりプレゼントを用意するとよいでしょう。

ご祝儀をいただく代わりに新郎新婦がドレスを用意するのも、もちろんアリです。

 

打ち合わせをしっかりと

ドレスのほかにも髪型やアクセサリーなど、ブライズメイドが統一すべきポイントはたくさんあります。

事前にブライズメイドと新郎新婦で、しっかりと打ち合わせをしておきましょう。

 

まとめ

以上、華やかな雰囲気になる結婚式でのブライズメイドについて、お話してきました。

ちなみに、男性版ブライズメイドのことを「アッシャー」といいます。

アッシャーの場合も、ブライズメイド同様にアッシャー同士がお揃いの衣装を身にまとい、新郎のサポートをします。

ブライズメイドだけでなく、アッシャーをお願いしてみるのも良いですね。

ブライズメイドやアッシャーと素敵な結婚式を作り上げてみてはいかがでしょうか?