余興で結婚式の会場がアットホームな雰囲気に!注意点は?

余興

結婚式での定番の演出である余興。

ゲストが、

  • カラオケを歌ったり
  • ピアノを披露したり
  • ……

など、以前から結婚式の演出のひとつとして行われてきました。

今回は、そんな結婚式の余興について、詳しく確認していくことにします。

 

結婚式の余興とは?

そもそも余興は、宴会のなかで興を添えるために行われるもの。

結婚式だけに限らず、さまざまな行事で行われています。

結婚式においての余興は、場を盛り上げるためのもの。

余った時間を楽しむための演出なのです。

 

結婚式の余興のメリット

会場が盛り上がる

余興の最大のメリットは、やはり会場が盛り上がること。

サプライズな演出なので、会場がわっと盛り上がります。

列席してくれたゲストが楽しんでくれることは、大きなポイントですよね。

 

新郎新婦にとって思い出になる

大切なゲストが行ってくれた余興は、新郎新婦にとって大切な思い出となります。

たまにムービーを見返して、「おもしろかったなぁ」と会話を弾ませることもできるでしょう。

 

結婚式の余興のデメリット

頼まれた人に負担がかかってしまうことも

余興は、依頼されたゲストが負担に感じてしまうことも多いようです。

余興をお願いする場合には、必ずそのゲストに、

  • 余興をお願いしても大丈夫か?
  • 時間はとれるか?

などを確認しましょう。

無理強いは、絶対にNGです。

 

結婚式の余興をお願いした場合の注意点

余興を依頼したゲストにはお礼を忘れずに

余興を依頼したゲストには、必ずお礼をしましょう。

謝礼を渡すのもよし。

ちょっとしたプレゼントを渡してもOKです。

 

入念に打ち合わせをしておく

余興を依頼したゲストとの打ち合わせもお忘れなく。

新郎新婦にサプリライズで行われることも多いですが、ゲストとプランナーが連絡を取りあえる状況をつくってくださいね。

 

新郎側と新婦側のどちらかだけでもOK?

新郎側と新婦側のどちらかのゲストが余興を行うことも多いです。

絶対にどちらもやらなければいけない、というわけではありません。

 

余興は必ずやらなければならない?

最近では、余興を行わない結婚式も多いです。

また、「ゲストに頼むのが申し訳ない…」と感じる場合には、歌手やピアニスト、マジシャンなどプロにお願いすることもひとつの方法です。

これならば、ゲストにも負担がかかりませんね。

 

まとめ

以上、結婚式の余興について確認してきました。

結婚式のなかでも、余興の時間はとても楽しいもの。

会場がわっと盛り上がるでしょう。

ぜひおふたりの結婚式でも、ゲストに余興をお願いしてみてはいかがでしょうか?